■就職する際にどうして得なのか

簿記2級に合格できたら、もちろんそれだけでれっきとした資格を持てたことになりますね。

ところで、簿記2級があることで手に入る、就職・転職活動におけるメリットとはどんなことでしょうか。

・経理に関するスキルがあるものとみなされる

これがやはりいちばんでしょう。経理の仕事に興味があるなら、簿記の資格を得るに越したことはありません。
簿記2級があれば自動的に経理部門での採用が保証されるなんてことはありません。それでも、簿記を持たない人よりは大幅に有利になります。経理は、どこの株式会社においても必要な職務です。また、最近は小さな企業のために簿記の業務を請け負うアウトソーシングをやっている会社も増えてきており、そういった企業への就職も考えられる時代に入っています。

・財務や経営に関するスキルを認められる

特に経理の仕事をしない場合でも、簿記の資格が評価されることはいろいろと、企業においてはあるものです。簿記を理解していると、財務諸表等を正確に理解できる能力を身につけられます。
そして、財務や経営がどんな業種のどんな企業においても非常に大切なものであることはいうまでもないでしょう。これらの部署への就職を狙うなら、簿記2級の資格を履歴書に記載して、面接の場において「簿記のスキルを用いて、どんなことをしていきたいと考えているのか」、その点を上手にアピールすることは、とてもいい戦術となるでしょう。

就職に使える資格はたくさんありますが、簿記2級はどちらかというと数多くの業種・数多くの職種において使えるチャンスがあって、汎用性のある資格だといえますね。