■簿記2級と独学の難易度の関係!

簿記2級の難易度に関して、数ページにわたり説明してきました。
実は、簿記2級の難易度は勉強法によって変わると言って良いと思います。

そこで、ここでは独学について考えてきます。

皆さん覚えているでしょうか?
別のページで簿記2級に合格するには、
工業簿記攻略が鍵で、そのためには良いテキストと講義が必要だと言いました。

ですが、独学で勉強する場合、講義が聴けません。
簿記の勉強は仕組みを理解することが全てで、
どうしても講義なしには 理解が困難なのです。

皆さんも経験しているのでわかると思いますが、
文字だけで全てを理解するのは非常に困難です。

その証拠に、これだけ世の中にテキストや参考書が沢山並んでいるにも関わらず、塾や家庭教師を利用するのです。
それだけ、多くの方は誰かのサポートなしには、勉強していけません。

そのことはもちろん、簿記2級の勉強にも言えることです。
仕事や就職に必要が迫られる場合は、
多くの方は、講義を聴くために通信講座かスクールを 受講します。

仮にテキストだけで理解できたとしても、
市販されているテキストは、スクールに通学してもらうための宣伝なので、
良いものが中々ありません。

要するに、独学では簿記2級の難易度を高くしてしまうのです。

多分、このサイトを見てくれる方の中にも、独学で勉強しようと思っている方はいるはずです。
そのような方に気をつけて欲しいのが、
「勉強時間をたっぷり取れる」、「簿記3級の資格を持っていて、工業簿記を少しでもかじった事がある」、「学生時代から勉強ができた方」に限ります。

少なくても、知識がほとんどない方が、独学で勉強するには時間がかかりすぎてしまい、
その内挫折してしまいます。

無駄に難易度を高くする必要はありません。
一番合格の可能性の高い方法で、短期間で合格することを考えて下さい。